2010年04月20日

<参院選>タレントの岡部まり氏 出馬会見へ 大阪選挙区(毎日新聞)

 今年夏の参院選大阪選挙区(改選数3)に民主党公認候補として立候補するタレントの岡部まり氏(50)が14日午後、小沢一郎幹事長と共に大阪市内で会見する。民主党は同選挙区で、現職の尾立源幸氏(46)=1期目=を既に公認候補として発表しており、同党からは2人目。89年から朝日放送の人気番組「探偵!ナイトスクープ」に秘書(アシスタント)として出演。過去にも旋風を起こしてきた「大阪タレント票」の行方に、各党は戦々恐々としている。【堀川剛護、佐藤慶、平川哲也】

 同選挙区には、尾立氏のほか▽自民現職の北川イッセイ氏(67)▽公明新人の石川博崇氏(36)▽共産新人の清水忠史氏(41)▽社民新人の大川朗子氏(52)らが立候補を予定している。

 大阪選挙区では01年以降、3回連続で民主、自民、公明が議席を分け合ってきた。民主府連は、2人以上の改選区には複数候補を立てる党方針に従い、昨年10月、大阪選挙区からの2人擁立を決めた。労働組合を中心に組織的な支持基盤を持つ尾立氏との「共倒れ」を避けるため、無党派層にも人気があるテレビ出演者を中心に人選していた。岡部氏は長崎県出身。

【関連ニュース】
岡部まり氏:民主から出馬へ 参院選・大阪
参院選:「第三極」で明暗、たちあがれ日本とみんなの党
みんなの党:参院選比例に前杉並区議を擁立
参院選:三原じゅん子さん出馬に意欲…がん体験生かしたい
自民:参院選岩手で県議を公認

フィギュア 織田選手、同級生と結婚へ(産経新聞)
現役首長らが新党「日本創新党」を結成(読売新聞)
<英語指導助手>千葉県柏市で「偽装請負」認定 授業できず(毎日新聞)
なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)
街開き43年“ふるさと化”なるか 高齢化の泉北ニュータウン(産経新聞)
posted by ピアノマン at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。