2010年03月19日

小沢氏辞任が当然=「国民納得しない場合」−生方氏(時事通信)

 民主党の生方幸夫副幹事長は18日午後、小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、党本部で記者団に「幹事長は最低でも国民にもう一度説明し、国民が納得するならいいが、納得がいかないならお辞めになるのが当たり前ではないか」と述べた。また、自身のこうした主張について「多くの民主党議員のマジョリティーだと思う」とも語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

地デジ移行まで500日 難視聴対策衛生も稼働開始(産経新聞)
【from Editor】講師をして教えられたこと(産経新聞)
中国へ里帰り 和歌山のパンダ「幸浜」歓送会(産経新聞)
放鳥トキが「擬交尾」=初確認、繁殖に期待−環境省(時事通信)
受け入れ拒否が大幅減=救急搬送で妊婦・新生児−総務省消防庁(時事通信)
posted by ピアノマン at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。