2010年01月13日

<ウナギ>祖先は深海魚? 川を遡上、海で産卵の謎解明も(毎日新聞)

 淡水で成長するウナギは、深い海に生息していた祖先から進化した可能性が高いことを、東京大海洋研究所などが遺伝子解析で突き止めた。海で生まれたウナギは川に上り、再び海に戻って産卵するユニークな回遊ルートをとるが、二つの異なる環境で生息する謎の解明につながりそうだ。6日付の英科学誌「バイオロジー・レターズ」(電子版)に掲載された。

 ニホンウナギを含むウナギ属は19種ある。いずれも川や湖など淡水で成長した後、数千キロも移動し外洋で産卵する。同大などの最近の調査で、ニホンウナギはグアム島近くのマリアナ諸島付近が産卵場所だと特定された。

 同研究所の西田睦教授(分子海洋生物学)らはウナギがどのように進化し、なぜ川と海を行き来するようになったのかを解明するため、ウナギやその近縁種計56種の遺伝子を解析、全塩基配列を明らかにした。その結果、浅い海に生息し外見はウナギとよく似ているアナゴやハモ、ウツボよりも、ウナギと名がつくもののウナギ属ではないシギウナギ、ノコバウナギなどの深海魚に配列が近かった。

 研究チームは、深海に生息していたウナギの祖先が、深海よりも餌の豊富な熱帯や亜熱帯の淡水域にたどり着き、そこで成長するように進化したと推測。一方で、産卵場所にはすみ慣れた敵の少ない深海を選んだことが、回遊ルートの起源とみている。

 研究チームの東京大の塚本勝巳教授(海洋生物学)は「長年の謎だった回遊行動の出発点が分かった。08年の水産庁調査でも、マリアナ諸島の深海でニホンウナギの親が見つかるなど、さまざまな野外調査の結果とも合致する」と話している。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
シーラカンス:稚魚の撮影に成功…世界初 福島の水族館
掘り出しニュース:リュウグウノツカイ:深海の珍魚上がる 黒部の海岸で
挑戦のとき/13 海洋研究開発機構研究員・阿部なつ江さん
地球温暖化:小型貝危機 北極海の酸性化進む
リュウグウノツカイ:深海の珍魚上がる 黒部の海岸で /富山

花粉泥棒
ひでひこのブログ
無料ホームページ
2ショットチャット
アフィリエイト ホームページ
posted by ピアノマン at 18:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

預金担保融資で450万損失…陸山会土地購入(読売新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が2004年10月に購入した土地を巡る問題で、同会が土地代金を支払った直後に、4億円の定期預金を担保にして銀行から同額の融資を受けたことにより、約450万円の損失を出していたことが、関係者の話でわかった。

 融資の返済に伴う利子の支払額が、預金で得られる利息額を上回ったためだ。同会はこの融資を小沢氏名義で受けており、同氏に参考人としての事情聴取を要請している東京地検特捜部は、なぜこうした不自然な資金移動が行われたかについても、説明を求めるものと見られる。

 同会は04年10月29日、東京都世田谷区深沢の476平方メートルの土地を約3億4000万円で購入。その際、小沢氏が用意した簿外の現金4億円を土地代金に充てたことが判明している。同会はこれとは別に、小沢氏の関連政治団体などが保有していた計約1億8000万円と同会の資金を合わせた4億円で定期預金を組み、土地代金の支払い直後、定期預金を担保に小沢氏名義で同額の融資を受けた。

 特捜部は、4億円の定期預金と融資は、簿外の現金4億円で土地を買ったことを隠すための偽装工作だった可能性が高いと見ている。同会はこれまでの読売新聞の取材に、「定期預金を担保に金融機関から借り入れた4億円を土地代金に充てた」と説明していた。

 関係者によると、同会が銀行から受け取った定期預金の利息よりも、融資の返済で支払った利子の利率が高かったため、同会は融資の返済が終わるまでの約2年間で、計約450万円の損失が出たという。

 銀行関係者によると、定期預金を担保にした融資は、定期預金の解約が難しかったり、短期的な借り入れの必要が生じた場合などに利用されることが多い。しかし、今回のケースでは、わざわざ定期預金を組んだうえに、受けた融資の一部を関連政治団体に還流させるなど不自然な点が多く、ある銀行の元役員は「なぜ陸山会が預金を担保にした融資を利用する必要があったのか全く理解できない」と指摘している。

 定期預金を担保に同額の融資を受けていた理由について、同会は読売新聞の取材に回答していない。

今日の出来事
体育会系モバイル部
現金化
クレジットカード現金化 比較
カードでお金
posted by ピアノマン at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<地震>福島・田村市などで震度3 午後4時ごろ(毎日新聞)

 8日午後4時ごろ、福島県東部を震源とする地震があり、田村市などで震度3を観測した。気象庁によると、震源の深さは約80キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.1と推定される。各地の震度は次の通り。

 震度3=福島県平田村、小野町、浪江町、葛尾村

【関連ニュース】
地震:鹿児島県で震度4=午後4時11分
地震:釧路市などで震度4 午前9時13分ごろ
地震:北海道・釧路などで震度2=午前9時24分
地震:千葉・睦沢町などで震度3=午前7時22分
伊豆群発地震:伊東で震度3=午後2時3分

ハードトレーダー
カメラマンの仕事はプライドが大事!
ネイルサロン
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
posted by ピアノマン at 13:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。