2010年01月28日

田中元検事、二審も実刑=9000万円詐取−大阪高裁(時事通信)

 預かり金名目で福岡市の金融業の男性から9000万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われ、一審で懲役3年の実刑判決を受けた元特捜検事の元弁護士田中森一被告(66)=別の詐欺罪で服役中=について、大阪高裁は22日、一審判決を支持、被告側の控訴を棄却した。
 湯川哲嗣裁判長は「すご腕の弁護士としての信頼に乗じた犯行であり、巧妙で悪質」と指摘。被告側は「成功報酬の担保として預かった」と主張したが、「被告の証言は信用できない」などとして退けた。 

【関連ニュース】
東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資名目-2億4000万詐取容疑・警視庁
近ツー元社員を取り調べ=旅行積み立て7億円詐取容疑
サイト利用料を架空請求=未遂容疑で15人逮捕
元女性職員に逆転無罪=証言の信用性否定
スキージャンプ台受注を偽装=社長ら逮捕、1億8000万円詐取か

<木曽川導水路>名古屋市、負担金支払いへ 建設費用含まず(毎日新聞)
政権に影響「全くない」=平野官房長官(時事通信)
水俣病訴訟 和解協議始まる 不知火患者会と被告(毎日新聞)
<巻きずし商標権>イオンが逆転勝訴…大阪高裁判決(毎日新聞)
新名物「出雲おろち大根」初収穫 魚、肉料理の薬味にぴったり(産経新聞)
posted by ピアノマン at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

小沢氏、神妙会見…強気な姿勢一転(読売新聞)

 「私は、何も隠し立てすることはございません」。自らの資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件を巡って23日、東京地検特捜部の事情聴取を終えた民主党の小沢一郎幹事長(67)は記者会見で「知っている限りのことを申し述べました」と神妙な口調で事件への関与を否定した。

 「検察と全面的にきちんと対決していく」と述べ、強気の姿勢を強調した党大会から1週間。この日は報道陣の質問に声を荒らげることもなく、いつもの「剛腕」の顔は一切のぞかせなかった。

 この日午後8時15分、東京・千代田区のホテルの宴会場に姿を見せた小沢氏のスーツの胸には、議員バッジが輝いていた。300人以上の報道陣を前に着席した時には、「よしっ」と自分に言い聞かせるように声を出し、会場を見渡しながら、約4時間半に及んだ特捜部の事情聴取の内容について説明を始めた。両脇には、木下貴司、南裕史の両弁護士も同席した。

 「具体的な事務は担当の者が行ったので、実務的な点まで立ち入って関与したことはありません」。カメラのフラッシュを浴びながら、言葉を一つ一つ選ぶように語り、刑事責任を問われた場合については「そうならないため、きょうは事情の説明をしたわけです」と苦笑いさえ浮かべた。

 唯一、「不正なお金は一切受け取っていない」と言い切ったのは、中堅ゼネコン「水谷建設」から資金提供があったかと尋ねられた時。これまで特捜部の聴取の要請に応じなかった点を追及されても、「問題点が整理されてからの方がいいだろうと思い、結果として、きょうになったんです」とかわし、いつものように報道陣に強い口調で言い返すこともなかった。

 ただ、事情聴取で黙秘権を告げられたかどうか質問されると、一瞬戸惑う場面も。右脇の南弁護士に確認した後、「私に対する告発があったということで、『被告発人』として説明を伺うという話でした」「黙秘をする権利もあるという話も伺いましたが、一切黙秘権は行使していません」と語り、調書を作成したかという質問に「2通署名しました」と述べて、おしぼりで顔をぬぐった。

 会見が終わったのは午後8時37分。小沢氏は「ありがとうございました」と報道陣に軽く一礼して足早に会場を後にすると、ワゴン車で行きつけの世田谷区内の居酒屋に向かい、関係者数人と2時間ほど食事を共にした。

2次補正への賛成表明=景気深刻、早期成立が必要−公明政調会長(時事通信)
小沢氏聴取 民主、大混乱も 「強気と不安」交錯(産経新聞)
強盗殺人容疑で59歳男逮捕=東京・南青山の男性殺害−警視庁(時事通信)
小沢氏、23日に聴取=「被疑者」も検討−4億円の説明求める・東京地検(時事通信)
子供たちのあいさつ運動始まる(産経新聞)
posted by ピアノマン at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

小沢氏進退「世論見て判断」=仙谷担当相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は24日、政治資金規正法違反事件で東京地検の事情聴取を受けた小沢一郎民主党幹事長の進退に関し「事件そのものが、ある種の決着が付いてくる時点で、世論の動向や地元の支持者などを見ながら、けい眼を持って判断するということではないか」と語った。
 仙谷氏は「(事件に対する)感じやイメージだけで、政治的な観点からこうすべきだ、ああすべきだという話にはならない」とも述べ、事実関係に基づいて判断する必要性を強調した。徳島市内で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

東京芸術劇場の外部チケットサイト「ガンブラー」感染(産経新聞)
元「モー娘。」後藤真希さんの母が死亡(読売新聞)
7億詐取容疑、大手旅行会社元社員に逮捕状(読売新聞)
「本当言うとやっていません」初めて否認する菅家さん(産経新聞)
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング(医療介護CBニュース)
posted by ピアノマン at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。